ウェットインウェット(絵の具技法)に癒されよう♪

ウェットインウェットに癒されよう

先月の幼児レッスンでウェットインウェットを行いました。

ウェットインウェットは画用紙にお水をたっぷり筆で濡らし、その上に絵の具をつけた筆をチョンと置くと、じわじわじわ〜んと絵の具が滲んでいく技法です。

誰でも簡単にステキな絵の具の滲み絵を作ることができます。

 

「わ〜〜!できた〜〜」と感動している様子は、まさに子どもの心が動く瞬間です。こういう瞬間の子ども達って本当に良いお顔をします。

心が動くことで、やった!できた!もっとやってみたい!と次に繋がっていくのです。

 

ウェットインウェットをとにかく沢山味わってもらいたかったので、八つ切り画用紙半分サイズを何枚か渡した教室での作品たちです。

中にはやり過ぎて茶色になっている子もいますが、それもまた良し。どんどん絵の具重ねていく事で、色が変わっていくことが面白かったのでしょうね。

スケッチブックにお気に入りの一枚を貼り、周りを額のように飾ってくれている子が何人かいました。

そんなふうに発展していくなんてちっとも予想していませんでしたが、

「できた絵を飾りたい」という気持ちからこういう表現になったんだろうなあと私も感動しました。

と〜〜〜〜〜ってもステキだと思います!!

 

この子は題名もつけてくれていますね〜『ゆきのけっしょう』です。

雪の結晶のように見えたのですね。

この子は作品の周りにリボンなどをつけておしゃれに飾ってくれました。

おしゃれさせてあげたいという優しい気持ちが伝わってきます。

どの作品もずっと眺めていたいくらい美しいです。

ウェットインウェットを使って、好きなものを描いてもOK!真ん中にいるのはマリオのキャラクタークッパだそうです!楽しさが作品から伝わってきます♪


全体ブログ愛和足立つくし足立みどり教室