おえかき 無料つくろうこうさくずかん > おえかき > 高学年以上 > チョークアート

おえかき

絵画

チョークアート

  • チョークアート
  • 記事投稿日:2017年03月24日

    せつめい

    街中にあるカフェなどにある黒い黒板に絵が描いてあるメニューボード見たことあるかな?
    食べ物や飲み物の絵が描いてあるよね。あんな風にお絵描きができちゃう技を教えちゃうよ!

    ざいりょう

    黒画用紙、クレヨン、チャコ鉛筆、はさみ、ティッシュペーパー、モチーフになるもの、参考資料

    タグ

  • Facebook にシェア
    Pocket
    LINEで送る

    002_FullSizeRender_2_1_002_FullSizeRender_3002_image


  • つくりかた

    ①白いクレヨンで黒色画用紙にモチーフを見ながら薄めに軽く描く(輪郭線(りんかくせん)程度)
    ②明るい色(光)から塗っていく グラデーションを意識する
    リンゴだと 白→黄色→オレンジ→赤→暗めの赤(紫) へたの部分 こげ茶 黒
    トマトだと 白→黄色→オレンジ→赤→暗めの赤(紫)
    へたの部分 黄緑 緑 黒
    ③指でなじませるように混ぜてこすっていく
    色が足りない部分を再度重ね塗りして指でこすって色を混ぜてなじませる
    ④ハイライトの光を白クレヨンで描いて完成(かんせい)
    ⑤はさみで切り取り 新しい黒画用紙に貼る
    はさみで切り抜いたことで 描いたも絵のエッジがはっきりと見え綺麗(きれい)に魅せられる。
    補足
    ・クレヨンを重ねて塗っていくとクレヨンの先端(せんたん)が汚れてくるので気になったらティッシュなどで綺麗(きれい)に拭くとる。
    ・指で何度もこすっていくと指が痛くなる場合もあるので様子を見る
    ・クレヨンがしっかり塗っていない、重ねていない状態(じょうたい)で指でこすってもあまり効果が出にくい・しっかりとクレヨンで塗る、重ねるがコツ
    ・黒の色鉛筆 チャコ鉛筆があると便利です。細かいところを描くときに役立ちます。
    毎週モチーフを変えて1ヶ月びっちり向き合うと大人以上の技術が身につきます。
    そうなったら本物のチョークアートにチャレンジをしましょう。
    黒いチョークボードなどを購入または 黒板ペイントを板に塗って準備をしてしっかりとしたチョークアート作品にチャレンジしてみましょう。
どこでもアートforきっずプレミアム

関連こうさくずかん

おえかき 無料つくろうこうさくずかん > おえかき > 高学年以上 > チョークアート