空気遠近法

★動画  7分26秒
★動画+制作時間目安 1回60分×2週

☆「色」を使って奥行きを描いていきます。

☆色の明度差によって遠く近くを表現できるという面白さを感じてもらいたいと思います。

☆低学年は絵の具の溶き水の調整もおさらいします。

☆高学年以上は「遠くにいくほど空気の層が厚くなり、青みがかる」という現象にも挑戦出来ると良いでしょう。

作品ができたらこちらへ作品をアップしてね!

下のボタンをクリックしてね
     ↓

使うもの=材料

〇えんぴつ

〇クロッキー帳

〇スケッチブック(または、画用紙)

〇アクリル絵の具

〇水バケツ、ぞうきん

~始める前の準備~

○エプロンはつけたかな?
ない場合はよごれてもよいふくをきよう
○つくえの上やテーブルの上に新聞紙やシートをしいておこう

 

◇参考画像◇

遠くにいくにつれ色がうすくなっていく様子に注目して見ると、イメージが湧くよ。

動画

せいさくのしかたピックアップ

その1:スケッチブックと鉛筆を用意してね。

画用紙の上の方に、遠くにある「小さな山」を描いてみよう。

(一度クロッキー帳に試し描きを数枚してみてもいいよ)

その2:小さな山のすぐしたに、連なっている山を描こう

その3:一番下(手前)に、大きく家や木などを描いてみよう。

その4:色を塗っていくよ。

まずは遠くの空の色つくり。水で薄く薄く溶いて、薄い水色を作ってみよう。

その5:空に平筆で塗ってみよう。

その6:もうちょっと濃い青で、山を塗ってみよう。

その7:連なっている山の色をぬるよ。

色は青に緑をすこし混ぜてみるのもいいよ。

高学年は山の光と影にもチャレンジしてみてね。

その8:一番手前は、はっきりした色を使い色を塗っていこう。黒のふちどりもいれると、よりはっきりするよ。

保護者様へ

平面である絵画の中では、色や線を使って遠近感や奥行きを表現します。
これらの方法を遠近法と言います。
今回のカリキュラムでは、遠近法の中でも感覚的に空間を表現できる 「空気遠近法」のポイントを押さえていきます。
「空気遠近法」とは、大気を描くことで遠近感を出す手法です。
例えば、晴れた昼間に遠く離れた山並みなどを見ると、うっすらと青みがかって見えますが、近くにある景色が青く見えることはありません。これは遠くにある景色ほど、大気の層=空の青色が重なって見えるためです。夕方の場合は、大気の色が赤いため、遠くの景色も赤く見えます。
また、大気の層が重なるため、遠くにあるものはどんどん空の色に近づいていき、輪郭がぼやけていきます。
こうした大気による空間の見え方をレオナルド・ダ・ヴィンチが「モナリザ」の背景に取り入れています。
「遠くにあるものほど青色(空の色)に近付く」「遠くにあるものほど輪郭がぼやける」
このポイントを押さえれば、絵の中の空間に広がりを持たせることが出来ます。色彩、コントラスト、タッチといった、各々の感覚に任せた手法を使うことで、空間表現にも幅が生まれます。
「空気遠近法」の他にも数多くある絵画表現への学びや興味のきっかけになれば幸いです。

こんなときはどうしたらいいの?

●「空気遠近法」がよくわからない

当然、発達段階として、1、2年生にはまだ難しい内容でもあるでしょう。

今回は技法を学ぶカリキュラムなので「空気遠近法っていう絵の描き方があるよ。こんな風にするとできるよ。」というポイントを押さえます。制作導入で見せた山の実際の風景写真を参考にしてチャレンジできるか励ましてみましょう。

図式前期から図式後期へ移行し、のちのち「空気遠近法ってこういうことだったんだ!」と気付くきっかけまで、継続できると良いですね。

●描きたい絵がある、「空気遠近法」に関係ない絵が描きたい

山の風景以外でも、空気遠近法は使えます。その点を丁寧な関わりで伝えていきます。

「宇宙なら、近くの惑星、遠くの惑星の描き方を変えたら面白いかも!」(宇宙に空気はないですが…)

「海の風なら、近くの貝殻、遠くのお魚を遠近法を使って描いてみたら、広~い海の中が描けるよ!」

上記の通り技法を学ぶカリキュラムなので、普段の絵とは違う描き方があることを体験してみる、体感してみたくなる声掛けをしてみましょう。

●絵の具を薄める調整が難しい
絵の具を溶く濃さを「お醤油くらい」「ソースくらい」など分かりやすい身近なもの例えてみましょう。
「手前のものはソースくらいの濃さ、奥の山はお醤油くらいの濃さになるようにお水を混ぜてみよう。」一番遠くは酢醤油かな?酢醤油って知ってる?麺つゆのほうがわかりやすいかな(笑)

ねらい・目的 ※先生のみ閲覧ページ

・ここでは主に「色」を使って奥行きを描いていきます。
・色の明度差によって遠く近くを表現できるという面白さを感じてもらいたいと思います。
・低学年は絵の具の溶き水の調整もおさらいします。
・高学年以上は「遠くにいくほど空気の層が厚くなり、青みがかる」という現象にも挑戦出来ると良いでしょう。

先生の準備するもの ※先生のみ閲覧ページ

◯教師の準備
筆洗バケツ
ぞうきん
新聞紙
牛乳パック(紙パレット)

ドライヤー

※絵の具が乾くのを待つ時間が短縮できる為、必須です。
もう終わった!という子も、乾かすと次のアイディアが浮かぶことがあります。

風景の参考資料

風景写真などプリントしておくとイメージが湧きやすいです。
下に幾つか添付しておきます。ご利用ください。

https://www.pakutaso.com/nature/mountain/

下準備 ※先生のみ閲覧ページ

スケッチブックを使いますが、たくさん描きたい!

絵の具の実験いっぱいやりたい!という子のために
教師が白の八つ切り画用紙を多く持っていくのも良いでしょう

環境・時間設定 ※先生のみ閲覧ページ

 

◇1週目◇

空気遠近法についてお話する。

絵の具の使い方を確認し、色の作り方を教える。

クロッキー帳にスケッチをする。

◇2週目◇

絵の具を使い絵を描いていく。

最後時間があれば鑑賞の時間を設ける。

レッスンする際に注意する点 ※先生のみ閲覧ページ

●アクリル絵の具は濃くなりやすいです。
絵の具がシャバシャバになるくらい、お水をたくさん混ぜましょう。
先生がお手本として絵の具にお水を混ぜてみると分かりやすいです。

レッスン報告 ※先生のみ閲覧ページ

おためしレッスン(2017年6月14日&2017年6月21日二週行いました)
(^^)やってみての感想:子ども達はとても良く聞いてくれました。視覚的に絵や風景写真を見せながら導入し、風景写真を見ながら制作する子もいました。
一年生には少し難しかったようですが、チャレンジする姿がありました。
一、二年生は一週につき一枚絵を描いている生徒が多かったです。どちらかの絵が自由画で、もう片方の絵が遠近法を意識した作品になるりました。
高学年は油絵に挑戦する生徒もいました。
◆導入◆
先生:遠近法って知ってる?遠くのものが小さく見えるっていう描き方だよね。平面に奥行きはないけど、奥行きを表現する方法です。今回は、色で遠近感を出す技(わざ)を教えます。空気遠近法といいます。
この作品、中学生の油絵作品だけど、すごく広がりを感じますね。平らなところに描いてあるのに不思議。
【たまたま教室においてあった作品を見せながら】
先生:みんな、晴れた空の色って何色?
生徒:青、水色、赤、オレンジ、紺
先生:いろいろな空の色があって、晴れてると青い空ってみんな知ってるよね。
生徒:うんうん
先生:では、目の前の空気の色って何色?
生徒:白?透明?
先生:そうだね、何も色がないよね。でも、遠くの空や景色の色って青く見えるよね。なんでかな?
生徒:??なんでだろう??宇宙の色が透けてる!(←すごい発想力の小2男の子すごい回答)
先生:それもあるかも~じゃあ、海の色って何色?遠くに見える海は青いけど、浅瀬の海の水をすくってみると青くないね、透明だね。なんでかな?
生徒:??なんでだろう??空の色が写ってるから!!(←すごい発想力の小2男の子またまたすごい回答)
先生:そうなのかもしれないね。あのね、みんなは、空の色が青いことを知っているよね、遠くの海が青いことも。理由はわからないけど。太陽が元気な晴れた日は空が青い、夏はもっと青い、太陽が沈みかけて光の力が弱くなってくると、夕焼けになっていくめ。赤とかオレンジとか、もっともっと太陽が沈んでいって、隠れてしまうと空の色は何色?紫?紺?黒?色がなくなっちゃうね。
先生:話を少し戻して、空気遠近法の話。遠くの空や景色は青く見える、それを絵に取り入れることを思いついた人がいるんです。レオナルド・ダ・ビンチ、聞いたことがあるかな?有名なモナリザの微笑みっていう作品で表現されています。
遠くにあるものに少しずつ青い色を足して、遠くに見えるように。それから、すこしぼんやりするように。今から見本をやってみるね。
——-
先生の周りに集まって、手を動かしながら説明(制作の動画と同じ方法です)
先生:アクリル絵の具は濃くなってしまうから、うっすら色を変えるのは難しいです。青を足したら全部青になってしまいます。なので、絵の具に水を足したり白を足したりしながら色を薄く表現してみます。
油絵はうっすら薄く色を付けることができるから、空気遠近法にチャレンジしやすいです。
空気遠近法を知ってやりたいと思った子は是非油絵にチャレンジして欲しいです。
【先生の導入見本一回目】
オーソドックスに。
【先生の導入見本二回目】
iPhoneを買うために並んでる人たち・・同じ絵を描きたくなかったので、少しおふざけ。
先生:では、絵の具にチャレンジしたい子はスケッチブックに絵の具から、どんな絵を描きたいか考える子はクロッキー帳にアイデアを鉛筆で描くところから始めてみてください。
【一日目は↑以外の参考作品なし二日目は風景画像を少し持っていきました】
◆一日目生徒の制作風景◆
◆制作二日目◆
一日目と二日目の様子比較あり
二日目比較なし完成作品いろいろ