てぶくろちゃん

★動画 9分19秒
★動画+制作時間目安 60~70分

季節を感じて身近なものを使って表現してみよう。
季節感とアニミズム。
感情移入することで表現する。

作品ができたらこちらへ作品をアップしてね!

下のボタンをクリックしてね
     ↓

みんなのさくひんしょうかい

★さつえい日:10月12日
★動画:1分48秒

 

※投稿の際、非公開に設定されますと、作品紹介動画でご紹介ができませんので予めご了承くださいませ

使うもの1=教材セットに入っているもの

今回は送付材料はありません。

使うもの2=お家で準備していただくもの

○スケッチブックまたは画用紙
クレヨン
○絵の具セット
○水バケツ

○ぞうきん


始める前のじゅんび

○エプロンはつけたかな?
ない場合はよごれてもよいふくをきよう
○つくえの上やテーブルの上にシートをしいておこう

動画:

★動画 9分19秒
★動画+制作時間目安 60~70分

◆動画について 一度全部見てから作るのがオススメ

幼児 てぶくろちゃん from kenkyu5963@gmail.com on Vimeo.

 



アルバム投稿はこちら
上のボタンをクリックしてね

せいさくのしかたピックアップ

その1「てぶくろのかたちはてのかたち」

手のひらをなぞってみましょう。

画用紙の上に手をおいて、クレヨンでまわりをぐるりとなぞります。

てぶくろの形ができした。

年中・少さんは、先生やお家の人になぞってもらってもよいでしょう。


その2「いろんなてぶくろをかいてみよう」

色を変えたり、手の向きを変えてみたり。


その3「ゆびのてぶくろ、グーチョキパー」

いろんなてぶくろを描いているうちに、まるでてぶくろさんが遊んでいるみたいに見えてきました。

おかおを描きたしたら、なんだか楽しそうなてぶくろさん。

色をぬってあたたかくしてあげるね。


その4「おしゃれなてぶくろ、げんきなてぶくろ、ふゆのおともだちあつまれー」

いろんな色でぬってあげると、おしゃれなてぶくろさんになりました!

今日はてぶくろ家族でお出かけかな?

あったかくして出かけようね。

マフラーさんも毛糸のぼうしさんも冬のおともだち。

あ!雪が降ってきた〜 みんなで冬を楽しもう!

冬のお話にひろげながら、お絵かきをしていきます。

仕上げにえのぐで色塗りをしてもよいですね。




アルバム投稿はこちら
上のボタンをクリックしてね

保護者様へ

今回描いた「てぶくろちゃん」は子ども達の分身とも言えます。

幼児期の子どもの絵は願望や喜び、嬉しさ、悲しみ、怒り、イライラなど様々な気持ちを表していると言われています。言葉でうまく表現できないかわりに絵を描くのです。

  お子さんの絵を見てみましょう。てぶくろちゃんはどんな事をしているでしょうか?楽しそうでしょうか?寂しそうでしょうか?色はどんな色を沢山使っているでしょうか?そんなことを考えながら絵を見ていると、様々な子どもの気持ちを感じる事ができる時があります。
  また、子どもに絵の話を聞かせてもらうと一見なんの意味もないものが「なるほどー!そんなこと考えてたのかー!」と尊敬しちゃう事もあります。「余計な事言わないでよかったー。」という事が多いです。
子どもの絵を見る基本はまず「子どもの声をひたすら聞いて共感する事」です。
絵について、沢山話をしてくれる時期は短いです。この時期を親も共に楽しむと、子どもも自分を表現する事に自信がつき、楽しんで表現してくれることでしょう。

こんなときはどうしたらいいの?

①ぐちゃぐちゃにする子
子どもの絵は心の状態がでます。
なにか面白くない事があったのでしょうか?イライラしているのかもしれません。
辛いことがあったのかもしれません。ぐちゃぐちゃで心を癒している場合も多いです。
そっと見守ってあげましょう。
②手形を取るのが難しい子
制作のポイントを参照。
先生が手を添えてお手伝いをお願いします。



アルバム投稿はこちら
上のボタンをクリックしてね