信号機

半年ほどマインクラフト一色でしがが、最近ひさしぶりに信号機の絵を描きました。
先頭の絵は、四方向分の信号機が一か所にくっついているタイプの信号機で、国分寺市にはないのですが、名古屋市の大須という場所にあります。
最後の絵はひとつ前の絵の信号機の色の変わり方を描いたもののようです。

  • 6
  • 北山
  • 公開(WEB美術館に公開)
信号機



作者: kazunobu

(北山)

2 件のコメント

  1. さゆりせんせい 先生

    全体的に空間が感じられる立体的な描き方がされていることに驚きました。観察力がよくできていて、かつ描けている。6歳とは思えない画力ですね…信号機好きなんですね、すごい。

    最初の信号機が円のように配置されているんですね。個人的にこの作品がすごく驚きましたし、好きです。複雑な仕組みの信号機だろうに、よく描ききりましたね~

    道路も、遠くの道が細く、手前の道が太く描いていますね。この描き分けができて作品に空間が生まれます。
    2枚目は「一点透視図法」、4枚目は「二点透図視法」と言います。

    信号機を360度見渡して描いていますね。すごい観察力です(マイクラの力もあるのかしら…建物を作るんですよね。)
    海外の信号機、デザインがかわいいですよね。

    いろんな変化を巧みに描いた作品ですね。今後が楽しみです。ありがとうございます!

  2. 江口麻鈴 先生

    kazunobuさん!こんにちは。まりん先生です☺️

    おおお〜!
    信号機、かっこいい✨
    遠近感も出ていて、立体的に見えるし
    街の雰囲気とかも伝わってきます!

    信号機を作っている工場、見たことある〜?
    先生この間、テレビで見たんだ!
    信号機、知れば知るほど面白くてかっこいいね👍🏻

    またお教室でね👋

    見せてくれてありがとう!

    投稿ありがとうございます!

コメントを残す