マイリトルワールド(小学生以上) 気持ちをアウトプットしよう!

マイリトルワールド 気持ちをアウトプットしよう!

こんにちは 美里先生です。

ここ数ヶ月忙しくなってしまい、教室ブログがお久しぶりになってしまいました。バッタバタですみません。

 

最近オンラインレッスンである教室の小学生コースにも入れる機会が何回かありましたので、ここ数週かけて行なっている小学生以上2月カリキュラム「マイリトルワールド」についての解説を〜〜!と思い書き込んでいます。

 

マイリトルワールドは「自分の心の中の世界」を表現することです。

工作版の心象風景とでもいうのでしょうか。(久しぶりに小学生以上のレッスンの試作をしていて気がつきました〜トップ画像のやつです)

普段生徒さんは美術教室で沢山絵を描いていると思います。そして今回は描いた絵(アイディア)を立体・3Dにしていくという年度末らしい年間の集大成のような高度なレッスンになっています。

とはいえ、完成度を求めているわけではありません。(もちろん完成度も大事です。(どっちや〜))

しっかり作りたい人は作れば良い!

もっと実験的に面白がりたい人は面白がると良いのです!

 

普段自分がどんなことが好きで、どんなことを考えて、どんなことが嫌いで、

今はこんなことに興味がある、などなどをじっくり考えて、

頭で考えたことを少しずつ形に表すことが大切なのです。

 

毎日の生活で、子ども達は日々沢山の情報に囲まれ、それらをインプットすることを求められています。

その中では様々な感情の揺れもあることでしょう。

我慢をしたりネガティブな感情が起こることもあります。

 

イライラしたりモヤモヤしたり、ネガティブな気持ちの動きは表現(アウトプット)することで落ち着いていきます。

自分の気持ちをずっとずっと我慢し続けると、いつかは心の病気になったり、大きくなって人を傷つけることで表現したりなど、思わぬところで爆発して出てきてしまいます。

そうならないために、普段から少しずつで良いので、自分の気持ちを表現(アウトプット)する場所を作ってくれたらと思います。

 

 

マイリトルワールドは、そんな自分の気持ちのアウトプットの場所だなあと子ども達の作品を見て感じました。

先生は作品を通して、その子の心の中の風景へそっとお邪魔するイメージでいます。

あなたの世界を見せてくれて嬉しい!ありがとう!の気持ちでいっぱいです。

 

自分の感情を溜め込まず、うまくうまく表現できるようになってほしいです。

そして毎日の学校生活を生き生きと過ごしてくださいね。作品はいつでもあなたの気持ちを受け止めてくれますよ。

 


blog みさと先生のブログ投稿