子どもは描きたいものを描くんです。

息子の絵を定点観測

もうすっかり大きくなって小学生となってしまった息子ですが、以前4歳頃に書いた記事を思い出し、このブログにまとめてみました。

息子が4歳の頃に描いていた絵を見ていて感じたことです。

3歳くらいから頭足人を描き出していましたが、徐々に体も描き出していて、なんとなく人間ぽくなってきました。

これまで好きなものを気ままに描いていた息子がある日、本を見て真似をするようになってきました。

もちろん「本を見て描いてみたら」なんて一度も言ったことがありません。突然動物の絵本見ながら描いてみたり、文字を写し出したり。

これまでただ描きたいものを描いていたのですが、本当に不思議なものです。

ものを見て描くと「本物に似ているかどうか」が基準になってしまいそうで、本当は見て描いて欲しくはないな〜と思っていました。

でも自然とそうなっちゃうから不思議ですね。

動物たちが進化してきました。

本を見て書き出していた動物たち。

説明されないとわからないものもいますが、なんと可愛らしいこと。

絵本を写していますが、本物に近づけたいのではなく、「動物が描きたい」の気持ちが大きいのだと思いました。

この動物たちの絵

左から何が描いてあるかわかりますか?

 

クマ、うさぎ、ネズミ、ライオン、ぞう

特に「ぞう」には感動です!

 

感じたことを描く。理由はない。ただ描きたいだけ

本や物を見て描いていても、その時の気持ちで描きたい物を「スラッと」描いてしまうことがあります。

この時の絵が最高に可愛い!

暑い太陽

ある残暑厳しい9月、

「外が暑いね〜〜」

「太陽さん、今日も元気だね〜」

と、たわいのない会話を息子とした後、小さなメモ帳に描いてくれた絵がこれです。

暑い太陽が照りつける絵です。

タイトルは「暑い太陽」とのことです。

もう、無茶苦茶感動してしまいました。

暑い太陽が、息子を照らしています。

砂漠の中で迫り来る太陽に、体を真っ赤にして、暑さに耐えています。

こんな今の気持ちをバチッと表現した作品、最高です!

ラグビーワールドカップ

妻と私がラグビーワールドカップで盛り上がり、「イングランド対アルゼンチン」を見ていました。

夜、寝る準備をしている時でしたが、ふと息子から、

「ラグビーの絵を描いて」とお願いをされました。

「ラグビー!どうやったら描けるのかな?一緒に頑張ってみよう」とお話しし、ちゃっかり息子に書かせる作戦です。

「とりあえず、ラグビーボールを描いてみたら?」

と、正直そろそろ寝かせつかせをしたい時でもあるため、投げやりに話していると、

「わかった!」

と言い、ラグビーボールを描いて、あっという間に選手を描いてしまいました。

しかもイングランドの赤いジャージと、アルゼンチンの水色のストライプのユニフォームまで。

パパとママが楽しく盛り上がってみていたラグビーを描いてみよう!

その気持ちだけで描いたです。

これも無茶苦茶感動してしまいました。

 

絵は描きたい物を描き続けて欲しい

絵は、描きたい物を描くこと。

上手や下手ではなく、描きたくなったから描く。理由はない。

出来栄えなんて関係ない。

描きたいだけ。

そして見せたいのだ。

見せて話を聴いて欲しい。

そして褒めてもらいたいのだ。

描きたい気持ちが先にあれば、描き方は関係ない。

自然とその子らしい形が前面に出た表現が生まれます。

先に、大人の描き方を教えてしまうと、自分らしい「表現」ではなく、「記号」として絵を覚えてしまい、「つまらない」ごく一般的な絵を描き出してしまうんだろうなと思います。

自然体の子供の絵がやっぱり「最高!」ですね。

 


全体ブログ

blogアートクラス ブログ

千葉しらゆり美術教室千葉市花見川区
宮崎台美術教室神奈川県川崎市宮前区
幸ヶ谷美術教室神奈川県横浜市神奈川区

blog 武田せんせーのブログ投稿

2021/2/9

美術教室だからできること

よこやま幼稚園八ッ橋千葉しらゆり宮崎台(水)宮崎台(火)
2020/3/18

ユラユラやじろべえの動画をアップいたしました。

よこやま幼稚園八ッ橋千葉しらゆり宮崎台(水)
2020/3/14

お家で簡単工作!「トントンキツツキ』

よこやま幼稚園八ッ橋千葉しらゆり宮崎台(水)宮崎台(火)
2021/2/24

小学生の部へのご案内

よこやま幼稚園八ッ橋千葉しらゆり宮崎台(水)宮崎台(火)
2020/3/12

美術教室新サイトの使い方

よこやま幼稚園八ッ橋千葉しらゆり宮崎台(水)宮崎台(火)